~循環器内科 診療規模縮小のお知らせ~

医師紹介

吉田 俊秀 院長 糖尿病内科

▶京都府立医科大学卒業
▶京都府立医科大学内分泌・糖尿病・代謝内科
 病院教授と京都市立病院糖尿病代謝内科部長を
 経て、平成25年より当院糖尿病内科部長。
 令和3年9月1日付院長。
▶京都府立医科大学客員教授
▶日本糖尿病学会専門医・指導医・評議員
▶日本肥満学会肥満症専門医・指導医・評議員
▶日本内科学会内科認定医・近畿地方会評議員
▶日本内分泌学会専門医・評議員
▶日本肥満症治療学会評議員

▶診察 午前月:午後月:午前火:午後火:午前水:午前木

このたび、令和5年4月3日付けをもちまして、医療法人威徳 壬生大路病院の院長を拝命いたしました、吉田俊秀と申します。
私は昭和47年に京都府立医科大学を卒業し、同大学第一内科学教室で糖尿病の診療・研究を行いその後、米国カリフォルニア大学(UCLA)に留学しました。肥満の世界的権威であるBray教授のもと肥満症の研鑽を積み帰国後は、京都府立医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科で肥満と糖尿病の研究・教育診療を続け、京都府立医科大学病院教授も務めました。京都市立病院糖尿病・代謝内科部長を経て、平成25年4月から当院肥満・糖尿病センター長に着任致しました。今回院長という大役を仰せつかり身が引きしまる思いです。
今後は、当院医師ならびに病院職員一同と十分協力し合い、糖尿病・肥満などの生活習慣病をはじめ内科全般にも力を入れることで当院をさらに盛り上げ、少しでも地域医療に貢献できればと考えております。
今後とも皆様方のご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

吉田院長 減量成功の秘訣【前編】youtube壬生大路病院チャンネルリンク
吉田院長 減量成功の秘訣【後編】youtube壬生大路病院チャンネルリンク

磯野 員理 循環器内科

▶近畿大学医学部卒業
▶日本循環器学会認定循環器専門医
▶日本内科学会認定内科医

▶診察 午前月:午後月:午前火:午後火:午後木:午前金:午後金

近畿大学医学部を卒業後、同大学循環器内科に入局しました。循環器疾患を中心に、8年間診療に当たりました。
その後、堺市内の病院での勤務を経て、令和4年度より当院へ勤務することとなりました。
循環器疾患のみならず、さまざまな体の不調に対して、既存の西洋医学だけではなく東洋医学を含めた多角的な治療を提案していければと考えております。
宜しくお願いいたします。

伊藤 彰子 内科(非常勤)

▶京都大学医学部卒業
▶内科学会認定医
▶日本消化器病学会専門医
▶日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

▶診察 午後水

昭和57年京都大学卒業後、京都大学病院、兵庫県立塚口病院で研修、出産を経て昭和60年に京大病院第一内科に戻り、消化器内科/消化管を専攻しました。京都逓信病院、京都桂病院を経て、平成13年から、非常勤勤務で複数の医療機関にて働いており、その時から、当院にてお世話になっています。卒業からすでに40年近くが経過しましたが、途中子育ての為フルの仕事を諦め、休んでいた時期もあり、経験はフルに働いて来られた先生と比べて、半分にも満たない若輩者ですが、少ない経験を駆使して患者様を総合的に拝見することを心がけて診療に携わっております。

北岡 治子 内科/糖尿病内科(非常勤)

北岡Dr

▶大阪医科大学(現 大阪医科薬科大学)卒業
▶日本内科学会総合内科専門医
▶日本糖尿病学会専門医・指導医
▶日本内分泌学会内分泌代謝専門医・指導医
▶日本禁煙科学会認定中級禁煙支援士
▶日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医・指導医

▶診察 午前木:午後木:午前金:午後金:午前土

大阪医科大学第一内科で総合内科・糖尿病内科を研鑽し、ジョスリン糖尿病センターでのメンタルヘルスや行動医学の研究、清恵会病院での幅広い糖尿病臨床の経験を活かした診療に加え、合併症の重症化予防を目的とした「糖尿病透析予防指導」や「フットケア」にも力をいれています。同時に人間ドックやプライマリケアの専門医としても、「患者様の声を聴く」をモットーに、いつも「患者様とともに」を心がけて、皆様の健康にお役に立てるように診療しています。

田村 克彦 脳神経外科(壬生大路病院理事長/常勤)

▶三重大学医学部卒業
▶大阪市立大学(現公立大)脳神経外科入局
▶脳神経外科専門医
▶救急科専門医
▶日本スポーツ協会スポーツドクター
▶インフェクションコントロールドクター(日本救急医学会推薦感染制御医)
▶日本医師会認定産業医
▶日本医師会認定健康スポーツ医

▶病棟専属医

川俣 博史 循環器内科(非常勤)

▶診察 午前水:午後水

田中 宗和 循環器内科(非常勤)

▶診察 午前土

医療法人威徳 壬生大路病院