~循環器内科 診療規模縮小のお知らせ~

病院・施設概要

病院・施設概要

医療機関/施設名 医療法人威徳 壬生大路病院

理事長 田村 克彦

院長 吉田 俊秀

開設 昭和60年12月

病床数/外来数 病床55床、外来患者数 1,000人(1ヶ月平均)※2023年実績

標榜科目 循環器内科、内科、糖尿病内科、リハビリテーション科、放射線科、駐車スペース22台

施設基準・加算点数

・受診されている他の医療機関や処方されている医薬品を把握させて頂くため、お薬手帳のご提示やご質問をさせて頂く場合がございます。
・必要に応じて、専門医師や専門医療機関をご紹介させて頂きます。
・健康診断の結果等の健康管理に係る相談に応じます。
・福祉・保健サービスに係る相談に応じます。
・診療時間外を含む、緊急時の対応方法等に係る情報提供を行います。

・データ提出加算(1)
・回復期リハビリテーション病棟入院料(5)
 休日リハビリテーション提供体制加算
・入院時食事療養/入院時生活療養(Ⅰ)
・心臓ペースメーカー指導管理料の注5に掲げる遠隔モニタリング加算
・糖尿病合併症管理料
・糖尿病透析予防指導管理料
・ニコチン依存症管理料
・がん治療連携指導料
・在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料の注2に掲げる遠隔モニタリング加算
・時間内歩行試験
・CT撮影及びMRI撮影(16列以上64列未満のマルチスライスCT)
・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
・運動期リハビリテーション料(Ⅰ)

(※当院は「入院時食事療養(Ⅰ)の届出を行っており管理栄養士又は栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)適温で提供しています。」)

沿革

・昭和60年 島原病院開設
・平成7年3月  循環器専門病院として「心臓病センター親友会島原病院」として新たにスタート
        病床は22床でスタート(許可病床数62床)
  検査機能を坂崎診療所(平成2年設立)に引継ぎ、体制を刷新
・平成17年4月 オーダリングシステム導入
・平成18年3月 東芝社製 Aquilion64列マルチスライスCT導入
・平成18年5月 心血管像影装置を直接変換方式フラットパネルディテクタ搭載システムに一新
・平成18年6月 PACSシステム導入
・平成19年1月 HISシステムネットワーク再構築 
・平成25年4月 糖尿病内科 標榜
・平成26年2月 増築(糖尿病センター)
・平成26年10月 心臓リハビリテーション室の運用開始
・平成29年5月 医療法人親友会・新理事長就任
・平成30年   救急2次・輪番病院の辞退及び救急告示病院の撤回・取り下げ
・平成31年/令和1年 院内(外来・病棟全フロア)電子カルテ運用開始  
・令和2年7月  新生十全会グループに参画し、医療法人令寿会しまばら病院へ改称
・令和2年12月 心臓血管外科標榜取り下げ・オペ室休止→廃止
・令和4年2月  心臓カテーテル検査室廃止
・令和4年4月  病床、全休床
・令和5年4月  吉栄会グループに参画し、医療法人令寿会しまばら病院は本格的に病院再編を開始
・令和5年6月  医療法人威徳 壬生大路病院に法人名・病院名を変更
・令和5年7月  回復リハビリテーション病院へと再編のため2階・3階病棟全改装開始
・令和5年9月  リハビリテーション科標榜
・令和5年9月  心臓リハビリテーション廃止
・令和5年11月 FUJIFILM社製 Supria Advance FR 16列マルチスライスCTへ更新
・令和5年12月 回復リハビリテーション病院(55床へ増床)として体制を刷新

医療法人威徳 壬生大路病院